パリのセレクトショップから展開し、人気に火がついたスウェーデン発の香水ブランド、バイレード。

このブランドは2006年、スウェーデンのストックホルムで誕生したラグジュアリーフレグランスブランドです。

創業者の名前は、ベン・ゴーラム。

インド人の母とカナダ人の父のもとスウェーデンに生まれ、その後はトロント、ニューヨークと世界の大都市で育ちました。

以前はプロのバスケットボールプレイヤーを目指していたとのことですが、調香師のピエール・ウルフ、ジェローム・エピネットとの出会いを機に、香水の奥深さや香りと記憶との関係性に強く魅せられ、必然的に香水の世界に…。

またゴーラム氏はファッションやアートとのつながりも強く、多くのファッションブランドやファッション誌、アートディレクターと協力するなど、ジャンルを超えたコラボも人気です。

日本でもヨーロッパでも大人気のバイレードですが、今回ご紹介するのは、ラインナップでも特に「セクシー」と呼び声が高い 「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」です。

バイレードはこれまで、中性的だったり不思議なテーマでその世界観を築き上げてきました。

ところがこの「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」のコンセプトはとても直接的なもので、「異性を誘うゴーストスキン」となります。

肌馴染みが最高と評判の高い、バイレードが考える官能香水とはどういったものなのでしょうか。

ニッチでラグジュアリーな香水メゾンが打ち出す、魅惑的な香りを詳しくご紹介します。

モハーヴェ ゴーストとは?

出典:BYREDO公式インスタグラムより

バイレードの創設者ベン・ゴーラムは、幼い頃に祖父とアメリカ・カナダを旅しました。

その中でも、アメリカ南西部のカリフォルニア州、ネバダ州、ユタ州、アリゾナ州にまたがる広大な砂漠「モハーヴェ砂漠」がゴーラム氏の心に残ったと言います。

この砂漠に太陽が昇る瞬間、そして砂漠に咲く一つの花の存在が彼の心を捉えて離さなかった、とのことです。

その名は「ゴーストフラワー」。

白くて繊細な花びらをしているのですが、生命力は大変強く、ほとんど水がなくても生育が可能なのだとか。

ただ水分がないため、蜜を自ら作り出すことはできません。

そのため受粉には蜜蜂の存在が必要となり、ゴーストフラワーは蜜蜂を引き寄せるため、全く別の花(キク科の)、蜜が出そうな花の姿に自らを変えてしまうのです。

ゴーラム氏は、この花に「意中の異性を落とそうと外見を変えたり、態度を変えたりする必死な人間の様子にそっくりだ」と、感銘を受けたそうです。

そしてこのゴーストフラワーから、人々が香水をつける本質を垣間見たのでした。

香水をつける意味。

それは、異性を引き寄せるためであり、全てはセックスアピールのため。

香水とはそうあるべきものだと、堂々とバイレードは提唱するのです。

熟れたフルーツの官能的な香り

Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)オードパルファム

トップノート:アンブレット、サポジラの実

ミドルノート:ヴァイオレット、サンダルウッド、マグノリア

ラストノート:アンバーグリス、シダーウッド

発表年:2014年

調香師:ジェローム・エピネット

対象性別:ユニセックス

「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」は、したたるようなフルーツの香りが魅惑的なオードパルファムです。

トップノートは大変クリーミーで、サポジラの実の香りが全開でスタートします。(サポジラの実は甘い干し柿のような風味がする果物)

その香りは人間を酔わせるように甘く、熟れた洋梨やリンゴのようなイメージも。

甘いは甘いのですが、嗅覚に引っかかるということはなく、喉が乾いた時などに本能的に「欲したい」と思うような香りです。

また香料には使われていませんが、奥底からムスクの柔らかな香りが感じられるパウダリーさもあります。

ということで、早くもセクシーさはアクセルを踏んで全開となっていきます。

ミドルノートはフルーティ・フローラルゾーンに突入。

ゆっくりとヴァイオレット(スミレ)の高貴な香りと、マグノリアの甘く美しい香りが追加されていきます。

ラストノートでは、フルーティな香りはフェードアウトし、代わってサンダルウッドにバトンタッチ。

フローラルの優しい残り香と、サンダルウッドの知的な感じが肌にいつまでも残っていきます。

全体を通して、ゴーストフラワーの「花」自体を表しているというよりは、やはりこの花が「虫を誘惑している」というところにポイントを当てていると思います。

セクシーはセクシーなのですが、たとえば人間にしたら「肌を露出している」ということではなく、そこはかとない雰囲気がたまらなく妖艶だ、ということになります。

肌を出さなくても、一言も発せずともセクシーな人は存在します。

そういった方々が持っているものは何か。特に五感が刺激されるのは、彼らの匂いであると言って良いでしょう。

香水が良い香り、なのではなく、その人の肌や髪が良い香り。

「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」は、香水!という存在感を消し、その人の肌や体温に同化して、とてつもなく魅惑的な香りを放つのです。

それはもちろん異性だけでなく、同性をも惹きつけてしまうほど魅惑的な香り。

フルーツと人肌がここまで相性が良い、というのも再発見できる見事な1本です。

新しい万能香水。魅力的過ぎるためつけ過ぎには注意

「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」は官能的な香水ではありますが、意外なことにどなたにでも似合う万能香水でもあります。

昼夜問わず、何歳でも、オフィスや学校にも使用可能です。

またニッチフレグランス入門として、初めてバイレードを買う方にもお勧め。

なぜかと言いますと、まずこの香りがそれほど強くないこと、肌馴染みが本当に良いので「香水の自己主張」がちょうど良いところにあります。

バイレードの香りは総じてそういったものが多いのですが、「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」の馴染み方はラインナップでも一、二を争うほどかもしれません。

トップノートから心地よく香ってくるため、ツンと香ることもなく、付けやすさは抜群です。

ただあまりに心地よいため、二度付けなどつけ過ぎには注意してください。

重ねても問題はないものの、魅力的過ぎて周囲の人が寄ってくるかもしれません。

季節も問いませんが、冬、春の湿気のない時期は特にこの香水の魅力が発揮されるでしょう。

服装も何でもOKです。

モテ香水が欲しいけど、ファッションブランドのものではなく、少しニッチなフレグランスを…という方にはピッタリです。

「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」の奥底から来る官能性に酔いしれてしまって下さいね。

まとめ

魅力的な香りがそろうバイレード。

香りに対するアプローチが独創性に溢れていて、時折思いもよらないテーマで香水が作られることもあります。

今回ご紹介した「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」もインスピレーション源がユニークなものです。

「Mojave Ghost(モハーヴェ ゴースト)」をお試しになる際は、ぜひこのエピソードも辿ってみて下さい。