おしゃれで人気の「タンブラー」は、ビジネスはもちろんプライベートでも使える便利なアイテムです。

その日の気分で、タンブラーのなかにコーヒーや紅茶を入れて持ち歩き、楽しんでいる人もいるのではないでしょうか。

タンブラーを使ったあとは、毎回しっかりと洗っているはずなのに、汚れや嫌な匂いがとれなくなってしまうことがあります。

さて、今回はタンブラーの汚れや匂いを取る方法を紹介していきたいと思います。


タンブラーの汚れや匂いの原因は

タンブラーは、なんとなくお手入れしてしまっている人も少なくありません。タンブラーの

底や、側面を見ると意外と汚れていて驚いている人もいるのではないでしょうか。まずは、タンブラーの汚れや匂いの原因を見ていきましょう。

・サビが原因になっている

タンブラーの汚れのなかにはサビが関係しているかもしれません。金属製やステンレス製のものになると、茶色のサビがついてしまい、なかなかとれなくなってしまうことも。

サビは、たわしなど強いもので擦ると傷がついてしまい、サビやすくなってしまいます。

最初は少しサビているかな?程度だったものが、範囲が広がると汚れが蓄積されていきます。汚れから雑菌が繁殖する危険性もあるので注意が必要です。

・カビが付着している

タンブラーの汚れのなかにはカビが付着していることも考えられます。

特に注意してほしいのがタンブラーのパッキン部分です。細かく複雑な構造になっているので洗いにくく見逃してしまうことも少なくありません。

簡易的に洗っているだけだと、カビが付着し黒い点々が見られるようになってしまいます。

カビはタンブラーの嫌な匂いの原因になることも。カビはあっという間に広がっていくので、細かいパッキンまで取り外して洗うようにしていきましょう。

・茶渋がついている

日頃からコーヒーや紅茶、お茶をタンブラーに入れていると、茶渋がついて固まってしまいます。

茶渋はどんどん蓄積していき、タンブラーの底に茶色の汚れがつきとれなくなってしまうことも少なくありません。

見た目はカビにも似ていますが、専用のスポンジなどを使って取り除くようになります。

日頃から、コーヒーや紅茶、お茶を飲む機会の多い人は、茶渋が付着している可能性も考えられます。

タンブラーの汚れや匂いを取り除く方法

タンブラーについてしまった汚れや、匂いが気になるとき、どのように取り除いたらいいのか、具体的な方法を紹介したいと思います。

・柔らかいスポンジを使って丁寧に洗う

タンブラーのなかにコーヒーなどの汚れがついていると、ザラザラしたスポンジを使って落とそうとしてしまう人も少なくありません。

でも、タンブラーをお手入れするときは、なるべく柔らかいスポンジを使うようにしましょう。

メラミンスポンジを使うのはおすすめしません。メラミンスポンジだと、タンブラー本体を傷つけてしまうので、危険性を高めてしまいます。

大抵の汚れは食器洗い洗剤をつけ擦れば、柔らかくても十分にきれいになります。傷つければ逆効果になると覚えておきましょう。

・パッキンは外して洗う

毎回である必要はないのですが、1週間に1回はパッキンを外して洗うようにしていきましょう。

取外しができるパーツと取外しができないパーツがありますので、できる限り外して使うのをおすすめします。

パーツを外さないままだと、隙間や蓋の部分に汚れが付着したままになります。

洗剤がついたままになってしまうこともあるため、外すようにします。

汚れがひどいときはつけ洗いをしてもいいですし、タンブラーのなかには交換できるものもあるので、お手入れを忘れずに行うようにしておきましょう。

・乾燥はしっかりと行うこと

タンブラーを洗ったあとは、乾燥もしっかりと行うようにしましょう。パーツを乾いた布で優しく拭くようにして、水分をしっかり取り除きます。

水分がついたままだと、タンブラーのカビや匂いの原因となってしまうこともあります。

食器乾燥機を使って乾燥させる人もいるのですが、使用できるタンブラーかどうかを確認してから行うようにしましょう。

タンブラーを長く使うためにも、正しい使い方をするのが基本です。

身近なものでタンブラーをきれいにしよう

タンブラーの汚れや匂いは、身近にあるものでもきれいになります。

タンブラーの日々のメンテナンスを考えると、コストを抑えつつ使えるので便利でおすすめです。

・重曹を使って汚れをとる

タンブラーのなかに茶渋などの汚れが蓄積しているときは、重曹を使うのをおすすめします。

食用でも掃除用でも使えますし、人間の体には無害で安心して使えます。スポンジに重曹をつけてこすってしまうと傷がつく原因になってしまいます。

そのためお湯のなかに重曹を入れ、タンブラーをつけておくのがおすすめです。

1時間程度つけておくと汚れがとりやすくなるので擦る必要もなくなります。

重曹が残らないようにしっかりと流して、茶渋が取れているか確認してみてください。

・クエン酸を使って汚れをとる

タンブラーのなかがザラザラしているときは、クエン酸やお酢を使ってきれいにするのをおすすめします。

このざらつきはカルシウムが原因になっているものです。水のカルシウムはアルカリ性になるので、クエン酸を使ってきれいにできます。タンブラーの蓋を外して、内部にお湯を注ぐようにします。

お湯に対して10%程度のクエン酸を加え1時間程度放置しておきましょう。

汚れがこすらずに落ちるようになりますので、余計な手間もかかりません。しっかりと洗い流すとざらつきもなくきれいになっていますよ。

・酵素系漂白剤を使う

タンブラーにカビがついている、嫌な匂いがするときは酵素系の漂白剤を使うのをおすすめします。

タンブラーのパッキンは丁寧に洗っていても何度もカビが生えてしまうことがあります。

そのため、根本的な問題を解消させていく必要もあります。その場合、ぬるま湯のなかに酵素系漂白剤を入れ、なかに1時間程度つけおきます。

最後に、水でよくすすいで完了です。酵素系漂白剤で擦らずに汚れが落とせるようになります。

タンブラーの汚れが気になるときに使える便利アイテム

タンブラーの汚れが気になるとき、使いやすいおすすめ便利アイテムを紹介します。

・サンコー ブラシ 水筒 冷水筒 タンブラー ボトル びっくりフレッシュ

特殊繊維を使用したタンブラーやボトル向けのクリーナーです。水だけで汚れが落とせますし、長さにも種類があるので使いやすいものを選びましょう。

柔らかく底や曲面も繊維がフィットして汚れを落としてくれます。ボトルの口部分に指が当たらないようにガードがついています。シンプルだからこそ使いやすい便利アイテムです。

・ステンレスボトル洗浄剤 36回分 水筒 洗浄剤 入れて待つだけの簡単洗浄

粉末になっていて、お湯と一緒に入れるだけで洗浄してくれる優れものです。

量を自分で調整できることもあり、汚れの程度によって変えられます。

ステンレスはもちろん、プラスティック素材も洗浄できます。酵素系漂白剤として使いやすいのでストックしておくと便利でおすすめです。

まとめ

タンブラーについた汚れや匂いは、強くこすらずに優しく落とすことを心掛けてください。

タンブラーのパッキンなど細かな部分もしっかりと洗っていないと、なかでカビが繁殖していることもあるので、メンテナンスは忘れずに行うようにしてください。